​About Himalayan Crystal
​ヒマラヤクリスタルについて
IMG_3312-2.jpg
​Manikaran Parvati Valley Himachal Pradesh India

ヒマラヤ山脈はインド、ネパール、ブータン、パキスタン、中国(チベット)の5つの国にまたがる、世界で最も大きな山脈です。

ヒマラヤ山脈で採掘される水晶は、氷のような透明感があり、優しく、パワフルで、神秘的な力をもっています。

金紅石(ルチル)や緑泥石(クローライト)を伴うものや表面に酸化した鉄が付着して ピンク色になるものなど、産地によって形状や内包物、エネルギーが違います。         

主にインド、ネパール、パキスタンで現地の村の人々によって機械やダイナマイトを使わず、手作業で採掘されています。命懸けの大変な作業です。            

ヒマラヤクリスタルは、ヒマラヤという聖なる大地で何百、何千、何万年と地球とともに生きてきました。私たちはクリスタルを選び、クリスタルは私たちを選びます。石との出会いは神秘的なものです。クリスタルはたくさんのことを教えてくれる、生きた地球の結晶です。

IMG_2334 2-2.jpg

Origin of  Himalayan Crystal 

​ヒマラヤクリスタルの産地
IMG_3503_edited.jpg
​India ​- インド
IMG_3500_edited.jpg
​manikaran
manali
​manihar
​palgi
sainj valley
​Himachal Pradesh
IMG_3497_edited_edited.jpg
​basher
​ヒマーチャルプラデーシュ州
parvati valley
IMG_3878-2.jpg
​Manikaran Parvati Valley
マニカランパールヴァティ渓谷産
シヴァ神の妻である女神パールヴァティの名前が付けられたパールヴァティ渓谷にある村マニカランで採掘された水晶です。

鉄分によりピンクがかった水晶、
透明度が高い高品質な水晶、
酸化鉄により黄身がかった水晶、
ファントムが内包された水晶、
などの、様々な特徴のハイクオリティなヒマラヤ水晶が採掘されています。
​Manihar
マニハール産

北インドのヒマーチャル・プラデーシュ州、クル地方にあるパールヴァティー渓谷の南に位置したところにあるガルサ渓谷の最奥にマニハール村があります。

そのマニハール村の山の標高約5000mの地点から、近年になって産出され始めた水晶です。

金紅石(ルチル)や緑泥石(クローライト)を伴った水晶も産出され、まるで地球をそのまま閉じ込めたような、生命の輝きを感じるクリスタルが多く産出されます。

ヒマラヤの水がそのまま水晶になったかのような極上の透明度も特徴です。

Sainj Valley
サインジ渓谷産
Palgi
​パルギ産
​パールバティー渓谷の南に位置するガルサ渓谷を更に奥へ進むとパルギ村があります。
透明度の高いクリアなものや、クローライト(緑泥石)やルチル(金紅石)を伴ったもの、雲母やその他の鉱物が付着したもの、それにより水晶が侵食され不透明になったもの、レーザー水晶のような細長いものなど、様々な水晶が産出されています。

Ladakh

​ラダック産

チベットとの国境近く、インドヒマラヤ山脈最北の地、ラダック。

古くからチベット文化圏で、ヒマラヤの自然とチベット文化が残された素晴らしい秘境の地です。

そこで採掘されるクリスタルはとても貴重で、鉄分により黄色に変色したものや、クローライトを伴うもの、表面がレインボーに輝くゴールデンヒーラークリスタル、氷のような透明度を持つものなど、様々です。

氷のように透明度が高く、美しい輝きの
高品質な水晶が産出されています。